クレジットカードの現金化サービスグレーゾーンなクレジットカードの現金化を利用する方々が近年急増する中、現金化に潜むリスクを知っている人は果たしてどのくらいいるのでしょうか?
その違法性の高さから逮捕者まで出ている現金化。しかし現在、その手法はさまざまあり、完全合法を謳う業者が非常に多く存在します。
一部では新手の闇金とまで騒がれているクレジットカード現金化ですが、その実態とはいかなるものなのでしょうか?

現金を調達する方法はさまざまだが…

クレジットカード現金化で資金調達する以外にも現金を調達する方法はさまざまありますが、クレジットカード現金化を利用する理由とはいったい何なのでしょう?

一般的に思いつく資金調達方法とは

  • 身内や知り合いに借りる
  • 銀行や消費者金融で融資を受ける
  • カードローンでキャッシング
  • 不要なのものを売る

ですが、クレジット現金化はこれらができない方の利用が多いことが特徴です。
身内や知り合いにお金を借りる事はなかなか相談しづらいことですからお金を借りるなら銀行や消費者金融、カードローンなどが考えられます。
AdobeStock_82229943_Rですが金融機関からの融資は審査があり借りたくても借りれない人が出てきます。
そういう人はクレジットカードに付いているキャッシング機能を使いカードローンを利用しますがこちらも制限枠が設けられ使える限度が限られてきます。
限度枠がいっぱいになれば物を売ることも考えられますが、必要とする金額が高額になれば不要なもので数十万を工面する事はなかなか難しくなります。
その点クレジットカード現金化はカードのショッピング枠を利用するので数十万円でも利用枠さえ残っていれば可能です。
なのでクレジットカード現金化は資金を調達するための最後の手段と言えます。

クレジットカード現金化はこんな人が利用している

急に現金が必要になったけど金欠でどうしようか困り果てた経験はありませんか?
誰でもそんな経験はあると思いますが、金融機関から融資を受けるには審査があり、勤務先や年収、家族構成など聞かれ条件を待たさなければ現金を手にするに至りません。
消費者金融の無人契約機で行う即日融資可能と言われている融資もこのような審査と手続きがあるため思っとように即日手元に現金が来ないこともあります。
そこで便利なのがクレジットカード現金化ですが利用する人はこんな方がいます。

  • 学生や主婦の方
  • 定職についてない方
  • 即日に現金が必要な方
  • 現金払いを分割にしたい方
  • 来店する時間がない方
  • 消費者金融の利用に抵抗のある方
  • いくつか借り入れをまとめたい方
  • 家族に内緒で現金が必要な方
  • 分割・リボで返済したい方
  • キャッシング枠がない方
  • 収入証明をご用意できない方
  • 総量規制で借り入れができない方
  • 事業資金が必要な方

クレジットカード現金化をするには

Dollarphotoclub_79014743_650

クレジット現金化は金融機関からの融資とは違い、面倒な審査がなくクレジットカードがあればどなたでもできます。
クレジットカードのショッピング枠を利用するのでキャッシングの枠とは別ものです。
実際に現金化するには自分でする方法と業者を利用する方法が存在します。

自分でやる現金化

自分で換金性の高い商品をクレジットカードで購入して現金化する方法。買い取ってもらえる物であれば何でも現金化は可能です。
代表的なものは金券類、ブランド品、新幹線の回数券、家電製品、携帯電話などがあります。
購入した商品は駅前の買取専門店などで現金化できます。
ですが自分でやる現金化はあまりおすすめしません。
なぜならこのような商品はカード会社が現金化目的で買う商品としてピックアップしており、決済ができたとしてもカードの利用停止になる可能性があるからです。

業者を利用する現金化

業者を利用する方法は自分でやる現金化よりも利用停止になるリスクは低いと言えます。
業者によって取引方法はさまざまですので自分にあった業者を選ぶことが重要です。
選ぶ条件で言えば、即日入金ができる、換金率がいいなどがあります。

クレジットカード現金化に潜むリスク

クレジットカードを持っていれば誰でも現金調達ができる現金化は非常に便利ですが、利用することへのリスクはいくつかあります。

  1. カード会社が定める利用規約に違反する
  2. クレジットカードが利用停止になる
  3. 自己破産できなくなる
  4. 悪質な業者の存在

それぞれ現金化に伴うリスクとして挙げられます。

カード会社は換金目的のクレジットカードの利用を返済能力以上に利用させないために禁止しています。

現金化を利用する人はさまざまですが複数の借金があるか方も少なくありません。

このような方が返済をしなくなるとカード会社は立て替えた分を損してしまいますので禁止としています。

そして、あまりにも悪質(支払いが滞る事)だとカードの利用停止になりかねません。

自己破産をするときもクレジットカード現金化は免責不許可となり債務整理ができなくなってしまうリスクが存在します。

最後に悪質な業者ですが、大胆な詐欺行為を行う業者はほとんど存在しませんが被害が出ているということは少数でも存在することになります。

その他に、問い合わせると他の業者を紹介されたり、振込金額に大きく下回っていた等悪質と言わざるえない業者が存在しています。

しかし優良店と言われるしっかりと運営している業者も存在していますのでいろいろと調べてみるのも良いかもしれません。

特に初心者の方は初心者でもよく分かるクレジットカード現金化のすべて11選を参考にしてご利用にあたるとよいでしょう。