今日中に現金が欲しい時、少しの手間や手続きが惜しいものです。

現金化はクレジトカードがあればできますが、現金化業者を利用するときは身分証を提示して必ず本人確認をされます。

できることなら個人情報はなるべく提出したくないとお考えになる方もいらっしゃると思います。

なぜ身分証が必要なのでしょうか?また何が必要なのか具体的にはこちらをご参照ください。

クレジットカード現金化で身分証が必要なわけ

身分証が必要なわけは不正なクレジトカードの利用を防止するためであり、買取方式の店舗は古物商許可証を持っているので本人確認を義務付けています。

キャッシュバック方式であろうが本人確認を行わない業者は不正に入手したクレジットカードであろうが他人名義のクレジットカードだろうが何でもOKということになりますので優良店とは言えません。

こちらが提出した個人情報も悪用される恐れもありますから利用は控えたほうが良さそうです。

どんな身分証でも大丈夫なのか

現金化業者で必要とされる身分証は顔写真付きのものとされます。

例えば、運転免許証や住基カード、パスポートです。

パスポートは住所が手書きなので念のため公共料金の請求書など住所が分かるものが追加で必要になることもあります。

またこれらとは別に携帯電話のカメラで撮影した自画像が必要になる業者もあります。

顔写真付きの身分証がない場合は、保険証など顔写真が付いていない身分証は公共料金の請求書など住所が分かるものと携帯電話のカメラで撮影した自画像が必要になることが多いようです。

身分証以外に提示する個人情報

ある業者は本人確認としてクレジットカード情報も聞き出してきますがとても危険なのでそういった業者は利用を控えたほうが良さそうです。

カード情報は番号、有効期限、名義がわかれば誰でもショッピングができてしましますので注意が必要です。

クレジットカードの表面と裏面の画像を送らせるなどはある日突然知らないところでカードが決済されていて請求されるトラブルが起こりえます。