クレジットカード現金化の換金率や還元率とは

クレジットカード現金化で換金率・還元率とういう言葉をよく耳にすると思いますが、現金化ではこれらは決済したショッピグ枠のうちいくら現金化できるかのパーセンテージです。このパーセンテージが高ければより多くの現金を手にする事ができますので利用するにあたってはとても重要な要素になります。

その他にもパチンコやスロットの玉やメダルなども1玉=4円、1枚=20円で借りたものが1玉=3.3円、1枚=20円で換金することができます。

パチンコ店によって等価交換でしてくれるところもあったりと店舗によって異なりますが、現金化業者の換金率もお店によってさまざまですが100%でやっているお店は存在しません。

現金化の仕組み上換金率は高くても90%前後ですのであまりにも高すぎる換金率の業者は注意が必要です。

現金化業者の換金率は「最大●●%!!」や「最高水準の●●%!!」など利用者からすれば飛びつきたくなるような言葉が目立つように広告されています。

クレジットカード現金化における換金率・還元率の仕組み

クレジットカードの換金率や還元率は各業者によって異なりますが、この差はクレジットカード現金化の取引で生じる諸経費を業者負担にするか、利用者が負担するかで変動します。もちろん業者負担になれば手にする現金は多くなりますし、利用者負担になれば手にする現金は少なくなります。

現金化で生じる経費とは、事務手数料、決済手数料、送料などその他多岐にわたります。

そして最大換金率がとても高い業者の場合、負担する手数料が別途発生してきますので必ず申し込みのまえに確認をしたほうが良いでしょう。

クレジットカード現金化の換金率・還元率の仕組みとはこれら諸経費を差し引いた振込金額のことを言います。